中学受験は個別指導で成績伸び率の差が出る!!

ホーム > 最新情報&代表ブログ
国語対策法を伝授

「親主導の受験」と「子ども主導の受験」。②

2017年12月15日

※ 冬期講習はAM9:00~PM22:00での授業ですが、全て埋まっております。ですので、その間はブログの更新を頻繁に行うことが難しくなります。ご了承ください。

 私の経験ですが、「親主導」の受験をいつのまにか「子ども主導」の受験に移行させるためには、「親自身が勉強する」。これに尽きると思います。子どもは親の「勉強しなさい」という「上から目線」を何よりも嫌います。子どもの本音はこうです。「我が子に受験を強要したくせに、自分は高みの見物を決め込んで命令しかしない。どういう了見?」みたいに苦々しく思っています。子どもは親御さんと一緒に共同作業したい、自分のことを本当に親身に思ってくれるなら苦労を分かち合ってほしい、というのが本音なのです。会社でも「自分は楽しているのに他人には厳しいリーダー」に嬉々と従う部下はいませんよね。同じことです。
 「リビング学習は効果的である」というのは事実です。これは「親が監視しやすいから」ではありません。「親子が共に勉強できる環境を作りやすいから」なのです。ただただ近くで目を光らせているだけでは意味がありません。
 私は外部向けに「親御さん向け国語教室」を開いていますが、「子どもが合判の国語で点が取れない」「本当にどうしようもない」と嘆く親御さんがいますが、その方々に「では、お父さんはその問題を解いたことがありますか?」と質問すると「ない」とお答えになる。で、その問題を教材とし親御さんに解いていただくのですが、お子さんよりできない方がほとんどです。そして講義の後「いやー、こんな難しい問題をうちの子が解いているとは思わなかった」とおっしゃるのですが、やはり日頃から親御さん自身が(できるできないはともかく)子と苦労を共にし、その苦労を共感できるようにしていただければと思います。お子さんもきっとそうして欲しいはずなのです。そして、一緒に頑張ってくれている親御さんを見て「自分はもっと頑張ろう」という気持ちになる。これが「親主導」から「子ども主導」の受験に移動する瞬間なのです。
 ちなみに私は授業の予習はしません。自分が予習しておいて解き方がわかっているのに、その後生徒に「何でこんな問題がわからないのか?」と、上から目線の指導をするのは卑怯だと考えるからです。ですから私の授業では「命令形」は存在しません。「一緒に解こうね」が基本姿勢です。一緒に解くことにより生徒の「どのあたりがわからないのか?」を的確に察することができるのです。的確に察せられるから教え方も的を射たものになる。「永田の授業は分かりやすい」と言われるのはそこに原点があるのです。
 生徒とお互い云々言いながら知恵を絞りながら共同作業をしていく授業なのです。四教科全てこんな感じです。私は先生ではなく、「一緒に問題を解いてくれる同志」なんでしょうね。生徒から見れば。
 ですが、本来こういう作業は親御さんが行うべきなのです。
 当塾は退塾率が極端に低く、なぜだろう?と考えた場合、それは私の能力が高いからとかではなく、生徒にとって私が親代わりになっているからではないか・・と思うのです。
 受験生とは言え、まだまだ小学生。甘えたい盛りです。「子どもを寂しくさせない」「子どもに構ってあげる」「共感してあげる」。これが子どもに対する親の基本姿勢ではないかと思います。

 では、次回まで。
 
 
 

「親主導の受験」と「子ども主導の受験」。

2017年12月07日

※ 既報通り当塾の冬期講習の受付は既に終了しております。来期のご予約も埋まりつつあります。

 2月の受験まで残り50日です。今週末の四谷の合判が終ればすぐ冬休み、それが終れば1月受験2月受験と立て続けに「お腹が痛くなるイベント」が続きます。いよいよ正念場を迎えようとしていますね。インフルエンザの患者が増えるのもこの時期。そんな中「無事に受験を乗り越えられるだろうか?」と最もストレスを抱えているのは、お子さんではなく、実は親御さんなのです。「どう?入試が近づいているけど心境は?」と聞かれてもキョトンとしているのは生徒の方。神経が太いのか我関せずを装っているのかはわかりませんが、焦燥感みたいなものが見られないのです。
 「いやいや、そうは言っても一番ストレスを感じているのは子どもでしょ?」と思われますが、私の感触ではやはり親の方がストレスを溜めこんでいる。当塾はメールで親御さんとのやり取りをするのが常なのですが、特にこの時期は日に7~8件は必ずご父兄からの「ご相談メール」が届きます。その内容は悲壮感あふれるものばかり。まぁ、このようなことは今年に限らず毎年のことなので別に驚くことではないのですが、どうして入試に対し親と子の間でこれほどの温度差があるのかと思ってしまいます。
 これは、中学受験を「親主導」にしているか「子ども主導」にしているかの違いだと考えられます。「親主導」の場合は(言葉は悪いのですが)中学受験成功で喜びたいのは親の方であり、その夢の実現のために子どもを「代理戦争」の戦闘員にしているようなものなのです。その戦闘員が自分の思うように動かないと、自分の願いから遠ざかるような行為をしていると、「勉強しなさい」「やる気を出しなさい」と子どもを責めたり、もしくは「自分のために受験するんでしょ?」「あなたのために・・」と(優しく)誘導したりするのですが、お子さん本人は受験に対してさほどの興味もなく、故に自分から動くこともせず、「理不尽な要求」をする親に反発するか従順なフリをするかでその場を凌ごうとします、で、当然ながら何もしないし学習への意欲を見せようともしない。この状況が入試直前の今の今まで続いているのですから、親が精神的におかしくなるのも当たり前です。
 「だったら、受験は子ども主導であるべきだ」なのですが、それが理想といえば理想なのですが、途中で「やーめた」というケースも多いのです。子ども主導なので、始めたのが子どもであるなら、終わらせるのも子ども自身なのです。子どもゆえに終わらせる理由も「疲れたから」「遊びたいから」と安易なものが多い。安易に始めた受験は親が主導権を握る受験より失敗する確率が高いのです。逆に絶対にブレないお子さんが最後までやり遂げた受験は成功確率がグッと高くなります。しかし、この場合、受験生に圧倒的なストレスがかかる。「御三家狙いの生徒が血尿を出す」なんてことも起こるのです。見ている親としてはそんな子を頼もしく思うと同時に「少しかわいそうだな」(当の本人は自分のためにそうしているのであり、周囲に同情されることを厭がるのですが)とも感じてしまいます。
 私個人は親主導の受験でもいいと思います。親が自分の夢を叶えたい、ひいては子どもに可能性を広げさせてあげたいという「欲望」は非常に正直だと思うからです。これに異を唱える気はありません。そういう私自身もかつては受験生の親であり、今の親御さんの考えと変わらなかったからです。
 そんな中で、過去最も成功例が多いのは「最初は親主導、それがいつの間にか子ども主導の受験になっていった」というものです。
 そうなりたいですね。しかし、それにはコツがあるのです。
 この話につきましては次回とさせていただきます。

 

 

特記 冬期講習のお知らせ。

2017年11月24日

一か月後に冬期講習がスタートします。
この講習は受験生にとって成績を向上させる「ラストチャンス」かと思われます。

当塾としましても多くの受験生の皆様にご協力したいのはやまやまですが、今年の講習は既に予約で満席となってしまiいました。
元日を除き、朝から夜まで空きが全くない状況です。(「親御様向け国語教室」は講習期間中はお休みです)

大変心苦しいのですが、御理解いただけますようよろしくお願いいたします。

過去問対策のお話。②

2017年11月15日

 続きです。
 前回お話した通り、入試問題には一定量の初見の問題=どの塾のテキストにも掲載されていないような問題、が出題されるものです。対策としてはこのような問題を飛ばし、既視感のある問題を優先的に解いていき、そこでできるだけ得点を重ねる作戦に出るのが効率的なのでしょうが、初見の問題を全く手つかずのまま放置しておくのも、もったいないような気がします。
 実は学校側は「受験生はこんな問題は見たことがないだろうなと思える問題」を、それを百も承知で出題してくるのです。とても意地悪な気がしますが、私はこのような問題に出くわした時には(生徒には)「必ず問題文自体がヒントになっているはずだから、先ずはそこを丁寧に読むように」と指示しています。つまり、初めて出会った問題であったとしても、あらゆる方面にアンテナを張り、ヒントになりそうなことを貪欲に探す、あきらめない心・忍耐力・集中力・柔軟性を学校側は見たいのです。
 実は参考になる問題が今回の合判テストにも出ていました。(第五回テスト・理科・大問6)

 (問い)層雲・積雲・巻雲・乱層雲・巻積雲・高層雲・高積雲・巻層雲・層積雲の中から、上層にできる雲を全て選びなさい。

 「えー、雲マニアじゃあるまいし、雲の種類なんて覚えてないよ。無理無理。」といってあきらめてしまった子、わからないから適当に選んでしまった子、そういう子が多かったのではないでしょうか?ですが、問題文を読むと「上層にできる雲の名前には最初に「巻」をつけます」と表示されているではないですか!これを見れば幼稚園児にでもできる問題なのです。初見の問題に出くわし冷静さに欠いてしまった生徒のほとんどは、問題文をじっくり読む「心のゆとり」がありません。ここ最近「理科で点数が取れない」という生徒の大半は問題文をきちんと読んでいない子たちなのです。読まないからできないのです。これは国語にも言えることで「設問をきちんと読み、それに沿った答えを出す」ことができていないのです。これは決して理系のセンス・文系のセンスがない、という話ではないのです。

 「何かしらヒントがあるはずだ」と考えられるか否かで得点できるか否かが決まるのです。
 初見の問題が出たときはそう心得え、冷静に対処してください。

 次回に続きます。 

過去問対策のお話。①

2017年11月07日

※11月実施分の「親御様向け国語教室」はそろそろ締め切らせていただきます。

 さて、11月に入り6年生の家庭学習は過去問対策が中心となってきました。当塾生には週2~3回ペースで解くよう勧めていますが、なかなか思うように合格ラインに届かないからなのでしょう、本人だけでなく親御さんもヤキモキしているようです。「このままでは受からないのではないか?」「復習が足りていないのではないか?」「今までうちの子は真面目に勉強してこなかったのではないか?」と何かと疑心暗鬼になります。この時期は親子共々本当にストレスが溜まりますね。しかし、それで親子喧嘩をしている時間はありません。暇があればとにかく勉強、不安を打ち消したければとにかく勉強、そのように御心得ください。
 今の時期から過去問でバシバシ合格ラインに達する子の方が稀有なのです。なかなか合格ラインに達することのできない理由は、まだまだ復習が不足しているから、その学校の時間配分や問題傾向に慣れていないから、などが挙げられます。
 しかし、お子さんを一番悩ますのは「初見の問題が多いから」ではないでしょうか?「こんなの塾で習ったことないよ」という問題が志望校で頻発しているようですと確かに不安ですね。今までの努力が無駄になる気さえしてしまいます。
 この対策として「初見の問題をあえてスルーし、塾で教わったであろう問題を確実に得点する」か考えられますが、私は「どちらにも全力を尽くす」が正しい姿勢だと思います。
  出題する学校側にはその学校独自のオリジナリティーあふれた問題を作成する権限があります。それが受験生にとっては「初見の問題」となるのでしょう。しかし一方で学校側は、受験生が塾もしくは問題集などでどのような学習をしてきたかくらいは十分わかっており、そこを「忖度」し、それに沿った問題も織り込んできます。その比はおおよそ3:7くらいではないかと思われます。おそらく受験生の「その場で考えようとする臨機応変な対処能力と柔軟性」と「努力の継続力と集中力」の両方を鑑み、テストで数値化された総合力で合否を判断したいのではないでしょうか?だとすれば、やはり果敢に両者に挑むべきなのです。
 しかし、「全力を尽くして挑んだとしても、初めて見る問題なんて解けないよ」と言われそうです、が、本当にそうなのでしょうか?

 そのお話につきましては次回とさせていただきます。 

特記 11月の空き時間。

2017年11月01日

  11月に入りました。入試まで残り三ケ月です。
 ここから先は一分一秒無駄にできません。空いている時間・暇な時間を全て学習時間にしていきましょう。
  さて、今年は土日平日朝夕関係なく全て満席なのですが、祝日で空くことがあります。そこでのスポット授業をご希望の方は(TELで)お問い合わせください。
  当方は(言われたことさえきちんと守ってくだされば)勝手に成績を伸ばしていける塾です。それが(おこがましい話ですが)人口に膾炙されたからかどうかは分かりませんが、毎年2月~春にはほぼ満席となってしまいます。そのために「いつも満席、どうなっている?」「なかなか入塾できない」「入れるタイミングがわからない」と言われ続け、新規の方には毎度ご迷惑をおかけしてきましたが、今月のように(主に祝日で)「たまたま空く」こともございます。
 月に1~2回程度の授業しかご用意できませんが、そこで「何かしら大きなもの」を得られるに違いありません。

11月3日(金祝)12:30~15:30
   12日(日)12:30~14:30の2時間
  23日(木祝)12:30~14:30の2時間   (募集1~2名、先着順)

「親御様向け国語教室」のスケジュール。

2017年10月26日

 9月から始めました「親御様向け国語教室」ですが、ご好評いただき10月分はすでに満席となりました。
 湾岸地区限定のはずでしたが、遠くは横浜・国立・船橋・草加あたりからもお越しいただきました。ありがとうございました。
偏差値35→45、48→62など「信じられない」「国語は本当は楽して取る科目だったんですね」「こういう解き方をするんですか。目からウロコです」など、ご感想をいただいております。しかし、疑問なのは「皆さん熱心に塾に通っているはずなのに、どうして国語が伸びないんだろう?」ということです。
 私は国語で苦労する意味がわかりません。嫌味ではなく本当にわからないのです。ですので、私の思考法をそのままご伝授するという形の講義になっています。そしてそれに素直に従った解き方をすれば成績が勝手に上がっていく仕組みにしています。今まで自己流で解いてきて成績が上がらなかった子は、自己流に固執する必要はありませんし、固執してはいけないのです。先ずは捨てましょう。
 11月分もご予約を承っておりますが、空き時間は以下の通りとなります。
 宜しくお願いいたします。

11月9日(木)、14日(火)、17日(金)、20日(月)、28日(火)~30日(木)

※午前限定・先着順です。ご了承くださいませ。

入試まで残り100日です。(勉強できない子こそ中学受験すべき)

2017年10月24日

 ※入試まで残り100日となりました。いくらのんびりした子でも、この数字を目の当たりにすれば身の引き締まる思いをするはずです。また、区切りがいいので「100日間短期決戦」というイメージもしやすいと思います。私は「100日しかない」ではなく、「100日もある」という感覚です。100日あれば如何様にもできます。しかし、そうするか否かは個々の問題。自ら動く子にチャンスはまだまだ残されています。

 さて、(来期入塾の方へのメッセージのようですが)、中学受験は

1.お子さんが中学受験をしたい、もしくは親御さんが中学受験をさせたいと考えている
2.ご家庭に受験可能な経済的ゆとりがある

のであれば、トライしてみる価値はあると思います。もちろん受かることが大事で、それを目指すのは言うまでもありませんが、頭の柔軟な小学生時代に四教科を広く且つ深く学習すること自体に価値があると考えます。そこで得た知識・開発された論理的思考力は、大人になってから別の形で役立つことが多いです。そのような経験を経れば、大人になってからも「考えることを日常の習慣としている人」として思慮深く行動でき、間違い少なく生きることが可能になる。現に社会で成功している人の中に「中学受験」を経験されている方を多く見ることがありますが、それとは無関係ではないと思います。

 ですが、諸条件が整っていても「うちの子は勉強ができないので・・」と、受験を躊躇される親御さんもいらっしゃいます。私は「できない子」にこそ中学受験をさせてあげたい。中学受験は「自分の運命をドラスチックに変える千載一遇のチャンス」だからです。逆に言えばその経験を得ない子は将来が危ういことになります。
 「勉強できなくても立派な人はいる」とか「お金がなくても幸せになれる」とか「ボロは着てても心で勝負」とか、私は「そうなる確率が低いであろう非現実的なロマン」で子どもを惑わす方がいるなら、それは無責任な大人だと考えています。親なら尚更そうです。充実した人生を歩みたいのであれば「様々な可能性を携えつつ、社会で活躍できる経済的に豊かな大人になる」のが良いに決まっているのです。ですが、勉強できない子はできないままに公立に進み、そこでも勉強せずズルズル生活を高校卒業まで過ごし、その結果、進学できる大学も限られてしまい、その大学出身ということで選択幅の狭い中での職業しか見つけられず、そこでようやく得た「不本意な仕事」をそれこそ「義務」のように日々こなし、しかし、羊のように大人しくそこにしがみつく以外の選択肢もなく、かと言って、飛び出す勇気があるわけでもなく、再びズルズルと・・えーと、そんな人生楽しいですか?

 楽なこと・誰にでもできる「安いこと」には価値が無いのです。相対的評価が低いものにはそれなりの価値しかない。だから中学受験は「そうなるであろう負のスパイラル」から一早く脱け出すチャンスなのです。
 何度も言いますが、勉強ができない子・成績の悪い子が「リベンジだ、公立中に入ってから頑張るぞ」と気負っても長続きすることはない。私は中学受験に挫折し(最後まで頑張って落ちたのであれば仕方ありません。ここで言う「挫折」とは、途中リタイアしたことを指します)、公立中学に入ってから「リベンジ」を目指し、それを果たせた子を見たことがありません。たかが中学受験程度でヒーヒー言ったり、簡単にあきらめ挫折する子に自分を戒めたり律したりする力など備わっていないからです。克己心に欠けたそのような子は、結局いつの間にか小学生時代と同じ「ダラダラズルズル生活」を始めます。そしてそれが成人になっても続き、安易な道、より安易な道を求めるようになる、そして「図体は大人だが、心は子ども」「一人前に年だけは取っているが無価値な人」になっていきます。私は「確率の低い非現実的なロマン」に期待したり、そうなる夢を見たりしない人間なので、「小学生時代はダメでも、中学に入れば奇跡が・・」的な夢物語をお勧めしたくも語りたくもないのです。
 勉強できない子にこそ中学受験の機会を与えるべきだと思います。自分で自分を変える。この体験を小学生時代に試みること自体に価値があります。そして、本当に自分の運命を変えたいのであれば、受験で成功してください。親御さんはお子さんにそのチャンスをあげてください。
 受験に成功すれば必ず幸せになれる・・とは言いません、言いませんが(確率論から言えば)何もしないよりはそうなる可能性に少しは近づけるということです。
 受験まで残り100日、特に受験当事者である6年生はこのことを心に刻み、成功を勝ち取ってください。
 次回に続きます。
 


 

 

特記 選挙に行きましょう。

2017年10月20日

※ 今回の合判で国語を当初偏差値30台から45→52に乗せてきた生徒がでました。入塾四カ月での成果。人生初の  50台だそうです(笑)。国語は「正しい学習」をすれば本当に気持ち良く伸びていきますね。


さて、22日は衆議院選挙投票日です。

できるだけお子様と一緒にお出かけくださいませ。

社会科の公民分野が苦手な子は、それをリアルなこととして実感できないからです。「自分の知らないところで大人が勝手にやっていること」くらいの感覚しかなく、無関心です。

これは親御さんが日々そういうもの(ニュースなど)に触れさせないできたことが理由の一つでもありますので、それをリアルに体験できる「選挙」には是非参加してみてください。道中で政治の話をするも良し、その後の特番を見るも良しではないかと思います。

そもそも選挙権は明治以来国民がようやく手に入れた権利です。義務ではなく権利。ですから行使していただきたい。投票に出かけない人に「今の政治家は・・」「今の日本が悪いのは・・」と現状を批判する資格はありません。

また、国民に選挙権があることのありがたさ、日本がどこぞのような独裁国家ではないことのありがたさを感じる機会でもあります。

リアルな体験を積むことで公民を身近なものとして感じてくれればいいですね。

理科は理屈で考える。

2017年10月17日

※ 「親御様向け国語教室」の10月分は既に締め切りとなりました。「今回の四谷合判で国語の成績が35点アップしました」「息子も「コツが掴めたかもしれない」と喜んでいました」などのお声を多々いただきました。そうなんですね。国語は根本原理さえわかればいくらでも得点できる科目なんですね。また来月も頑張りましょう。

 その合判ですが、「最近理科が難しくなった」という声をよく耳にします。幸い当塾生で理科で崩れる子はあまりいないのですが、確かに「いやらしいところ」を突いてくる問題が増えているような気がします。それに加え、よくよく考えさせる問題も目につきました。しかし、それでいいと思うのです。「理科社会は暗記もの」と前世代的な指導では時代にマッチしていない、そのような指導は「無用の長物」だということを皆に知らしめてくれたからです。サピックスがなぜ強いのかと言えば、時代に合わせた問題の作成・改訂に余念がないからです。本当によく研究しています。四谷もようやくその点に気付いたらしく理科を「暗記もの」から「考えて解くもの」に傾向をシフトしてきたようです。四谷も本気を出してきた感がありますね。教材開発力に優れた塾は強い。逆に実績を落としているのは教材改訂を怠り、旧態依然とした内容を、これまた旧態依然とした指導でお茶を濁しているような塾です。どこの塾とは言えませんが(笑)。
 上記で「時代に合わせた問題」と申しましたが、それは「自分で工夫して考える問題」を指します。このような問題は「ただただ覚えればいい、という学習」では歯が立ちません。「論理的思考」を意識した学習でなければ対処できないのです。現代のように明確な答えが決まっていない、価値観が多様化した混沌とした時代を生き抜くためには、自分で工夫し、自分で考える力を持つ必要があるのです。理科に限らず全科目がその力を養うための問題に傾向が変わってきている。そこを見極めないとなかなか理科で(他の科目でも)高得点を挙げることは難しくなります。
 例えば「メタンガス」「水星」「硫酸銅」などは授業でもめったに扱いません。そういう初見の問題が出てくるのが四谷の模試の最近の傾向です。「そんなの習ってない・知らない」「公式知らないからできない」ではダメなのです。初見である点では条件は皆同じ。その中で解ける生徒と解けない生徒に分かれるのは、先程の「論理的思考」に「あきらめない心」+「理科の根本原理」を持ち合わせているか否かに因るもの、頭の良し悪しではないのです。
 「理科の根本原理」とは、「理科は理屈で成り立っている、理屈の科目だから「理科」なのだ」ということ。その当たり前のことを頭に入れ問題を解こうとするか否かで結果が決まるのです。それは電流・水の変化・地層などすべてに当てはまります。そう、理科では不思議なこと・非科学的なことは起こらない、そこには必ず因果関係が絡んでいる、それを念頭に置いて冷静に問題に対峙するだけで得点力は上がります。事実、その通りに実行した当塾生の中には理科で偏差値15アップした子もいます。パニックになるから容易な問題でも解けないのです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ではありませんが、後になって「何でこんな簡単な問題で外したのだろう」と不思議に感じる、そして後悔する、それが理科なのです。

 次回に続きます。
 

 

豊洲事務所外観
トップページ 当社の理念 無料体験授業 入会手続き及び
入会金・指導料金
指導スケジュール 人材募集