中学受験は個別指導で成績伸び率の差が出る!!

ホーム > 最新情報&代表ブログ
国語対策法を伝授

理科は理屈で考える。

2017年10月17日

※ 「親御様向け国語教室」の10月分は既に締め切りとなりました。「今回の四谷合判で国語の成績が35点アップしました」「息子も「コツが掴めたかもしれない」と喜んでいました」などのお声を多々いただきました。そうなんですね。国語は根本原理さえわかればいくらでも得点できる科目なんですね。また来月も頑張りましょう。

 その合判ですが、「最近理科が難しくなった」という声をよく耳にします。幸い当塾生で理科で崩れる子はあまりいないのですが、確かに「いやらしいところ」を突いてくる問題が増えているような気がします。それに加え、よくよく考えさせる問題も目につきました。しかし、それでいいと思うのです。「理科社会は暗記もの」と前世代的な指導では時代にマッチしていない、そのような指導は「無用の長物」だということを皆に知らしめてくれたからです。サピックスがなぜ強いのかと言えば、時代に合わせた問題の作成・改訂に余念がないからです。本当によく研究しています。四谷もようやくその点に気付いたらしく理科を「暗記もの」から「考えて解くもの」に傾向をシフトしてきたようです。四谷も本気を出してきた感がありますね。教材開発力に優れた塾は強い。逆に実績を落としているのは教材改訂を怠り、旧態依然とした内容を、これまた旧態依然とした指導でお茶を濁しているような塾です。どこの塾とは言えませんが(笑)。
 上記で「時代に合わせた問題」と申しましたが、それは「自分で工夫して考える問題」を指します。このような問題は「ただただ覚えればいい、という学習」では歯が立ちません。「論理的思考」を意識した学習でなければ対処できないのです。現代のように明確な答えが決まっていない、価値観が多様化した混沌とした時代を生き抜くためには、自分で工夫し、自分で考える力を持つ必要があるのです。理科に限らず全科目がその力を養うための問題に傾向が変わってきている。そこを見極めないとなかなか理科で(他の科目でも)高得点を挙げることは難しくなります。
 例えば「メタンガス」「水星」「硫酸銅」などは授業でもめったに扱いません。そういう初見の問題が出てくるのが四谷の模試の最近の傾向です。「そんなの習ってない・知らない」「公式知らないからできない」ではダメなのです。初見である点では条件は皆同じ。その中で解ける生徒と解けない生徒に分かれるのは、先程の「論理的思考」に「あきらめない心」+「理科の根本原理」を持ち合わせているか否かに因るもの、頭の良し悪しではないのです。
 「理科の根本原理」とは、「理科は理屈で成り立っている、理屈の科目だから「理科」なのだ」ということ。その当たり前のことを頭に入れ問題を解こうとするか否かで結果が決まるのです。それは電流・水の変化・地層などすべてに当てはまります。そう、理科では不思議なこと・非科学的なことは起こらない、そこには必ず因果関係が絡んでいる、それを念頭に置いて冷静に問題に対峙するだけで得点力は上がります。事実、その通りに実行した当塾生の中には理科で偏差値15アップした子もいます。パニックになるから容易な問題でも解けないのです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ではありませんが、後になって「何でこんな簡単な問題で外したのだろう」と不思議に感じる、そして後悔する、それが理科なのです。

 次回に続きます。
 

 

入試まで残り120日です。

2017年10月04日

※「親御様向け国語教室」、多数お問い合わせいただきありがとうございます。「国語ってこういうふうにして解くんですね。びっくりです」「このやり方を小学生時代に知っておきたかった。くやしい」「あー確かに、この方法で選択問題を解けば外さないわ」「この解き方、あまり外部に広めないでくださいね(笑)」等々のお言葉をいただきました。今月分はそろそろ締め切りとなります。来月分のご予約を承りますのでよろしくお願いいたします。

 さて、入試まで残り120日です。と言うことは、単純計算ですが1科目を30日で仕上げるイメージとなります。このように入試が迫っていることをリアルに実感するようになると、今まで腰が重かった子も否応なく動かざるを得なくなります。そして「短期決戦」と銘打った新しい一歩がスタートします。
 「新しい一歩?遅すぎない?」という声があろうかと思います。「今頃になって慌てるってどういうことよ?」憤慨される親御さんもいらっしゃると思います。確かに。思い起こせば、新6年生になって「入試まで残り1年しかない」と言われ、夏に入ってからも「夏休みこそが天王山」と散々塾や親にハッパをかけられてきたにもかかわらず、ちっとも自分から動いてこなかった。おそらく、受験当事者とは言え、自分が来年の2月に受験するという実感を、今に至るまで、持てなかったからであろう・・と思うのです。身の上に危機が迫ってやっと動くのが子どもというものだからです。大人と違い逆算できないのですね。
 毎年思うのですが、受験生が(自分の意志で)動きを見せるのはこの時期からなのです。ですから「残り120日短期決戦」こそが本当の受験勉強の始まり、リアルな戦いの始まりと言えるのです。もしかしたら今までの流れは(生徒によっては)「入試の前哨戦」にさえなっていなかったのかもしれません。
 ここから本気になれる子、未だそうなれない子。入試はそこで決着がつきます。
 「四谷の合判で第一志望校合格率が何時まで経っても20%未満」。「もうダメだ」と思う子、「これからが本当の勝負だ」と思える子。気持ちのモチベーションの差も合否の差になります。
 残り120日もあるのに、いとも簡単にあきらめてしまう子は「愚か者」です。受験する資格はない。
 忘れないでいただきたいのは、入試当日までが学習期間だということです。受験会場に向かう途中の電車の中で見ていた参考書の中身が入試で出題されることがあるのです。休み時間に見た算数の公式が出題されることもある。それにより一点差で合格することは十分あり得るのです。
 最後まであきらめない「往生際の悪い子」に「受験の神様」は微笑みます。
 不思議なことですが、本当にそういうことが起こるのが中学受験なのです。
 頑張っていきましょう。

 次回に続きます。
 
 

特記 「親御様向け国語教室」のご案内

2017年9月24日

 「毎日のように塾通いしているのにうちの子は国語ができない」「どうすれば国語の成績が上がるのかわからない」「国語の偏差値だけが悪い」「国語の学習方法がわからない」とお悩みの親御様は多いと思います。
「国語と言えば豊洲のアイスクール」とご評価いただく機会が増えています。ありがたいことでございます。その分責任を感じております。日々研鑽を積み、ますます精進しなくては、と身の引き締まる思いでございます。しかし一方で「だからそのアイスクールに頼ろうと思っていたのにいつも満席だと言われる」というご不満の声も毎日のようにお電話でいただいております。当塾は(既報通りですが)毎年2~3月で6割が埋まり、夏休み前に満席になるというパターンを繰り返しています。ですが、たまに空きが出たとしてもすぐに埋まるので入るタイミングが難しい、というご意見もいただいております。本当に申し訳ございません。しかし心苦しいのですが、そのような事情ですので、今年は来期のご予約オンリーの受付となっています。

※(すぐに埋まる理由は(一つ目は)受け入れ人数を制限しているから。私は一人の生徒を手厚く全面的にサポートしたい主義なので、大人数を受け入れるとなるとそれが不可能になるからです。(二つ目は)最初は国語のみで入塾した生徒が国語で成果が表れると「次は算数を」と、そこでも成果が表れると「今度は理社も見てほしい」というように、お一人様の受講科目が増えていくパターンがほとんどで、結果的に「四教科おまかせ」=「受け入れ人数の増加」となってしまうからです) 

「だけどそれでも受講したい」という方のために(苦肉の策ではございますが)「親御様向け国語教室」を開講いたします。

 1.平日の午前限定(1時間半・有料) 四谷大塚・サピックス・日能研の模試対策、及び志望校対策講座
 2.団体でのお申し込み可(三名以上でお申し込みいただいた場合、お一人当たりの受講料は割引かせていただきます)
 3.豊洲・東雲・有明・晴海・月島・佃・勝どき・築地近辺にお住まいの方を優先させていただきます。

※その他詳細につきましてのお問い合わせはTELにてお受けいたします。

 現在、受講できないお子様の代わりに、親御さんに(僭越ながら)当塾の国語のノウハウをお話し、御家庭でそのノウハウをお子さんにお伝えいただくという趣旨です。つまり親御様に「家庭内講師」を務めていただくということですね。また、親御さんにも「国語の正しい解き方」を御理解いただくことも目的としております。
(中学受験を目指させる親御さんであれば、ただただお子さんにハッパをかけるだけでなく、ご自身もある程度問題が解けるようにしておくことが望ましいからです。その方が説得力がありますし、親子双方がそれぞれの立場に共感し、共に中学受験に向け努力していこうという絆が生まれるからです)。

 
 

特記 第3回四谷大塚合不合判定テスト 国語の結果

2017年9月23日

 「夏期講習の総決算」と言うべき9月の合判テストの結果が出揃いました。
現在、国語をテーマにしたブログが続いていますので、今回は当塾6年生の国語の結果についてお話しいたします。
国語の平均偏差値は56でした。まずまずではないかと思います。(最高偏差値67)
特に女子は全員55以上を確保しました。中には10アップの生徒(49→59)もいました。女子、なかなかやりますね。

 「今回の国語は難しかった」このような落胆の声はごく少数でした。皆「国語での点の取り方」がわかってきたようです。中には「今後国語で失敗するとは考えにくい」「今まで国語が出来なかったことが嘘のようだ」というくらい伸びた子もいます。国語は教わったことをそのまま実行すれば、仕組みさえ分かれば確実に伸びていきます。国語の勉強法がわからず、成績が伸びず、忸怩たる思いをしている多数派を横目で見ながら、「自分だけが国語の解き方を知っている」とほくそ笑んでいる生徒が「独り勝ち」していきます。みんなが沈む中で、自分だけが浮上する。こんな気持ちの良いことはないでしょう。そういう体験ができる点で国語は「おいしすぎる科目」なのです。

 私はこういう喜びの声を聴くたびに「正しい指導をすれば成績を伸ばしてあげられる」という自信を得られる一方、「国語の学習方法について何もご存知ない方々にこの指導法をご提供していかなくては」という思いに駆り立てられるのです。

 しかし、残念ながら今年は既に満席です。受け入れが大変難しい。しかし、もし「国語で馬鹿みたいに成績が上がってしまい、笑いが止まらなくなるくらい感動している私」を体験してみたい方がいらっしゃれば、来期にお越しくださいませ。



 次回も「国語のお話」の続きです。



 



 

国語のお話。⑤

2017年9月21日

続きです。

 国語の試験で求められるのは「論理的思考」それに加え「注意力」「正確さ」「丁寧さ」です。ですから受験生は出題者の意図に気付き、そこから外れることなく、彼らが求めている上記に従った解き方をしていかなくてはなりません。まず問題に対峙した時に意識すべきは、主観に頼らず誰しもが納得できる筋道の通った思考で答えを出すことです。それが国語の基本です。(私は生徒には「その答えに至った証拠」を提示させます。それができなければ、たとえ正解したとしても「勘に頼って得た答え」ということで正答したとはみなしません)。そしてその筋道の通った思考から正答を得るためには、文章の中身を100%理解していることが最低条件となります。答えの根拠は生徒個々の心の中にあるのではなく、文字の中にしかない、だとすれば、文章の一字一句を丁寧に拾い集め、頭の中に正確に吸収させていかなければなりません。そのような読み方をし、そして正しく理解していくことが肝要です。「そんなに丁寧に読んでいたら時間が無くなる」という方もいますが、国語のできない生徒に共通するのは「読むのは速いが読み方が雑、雑ゆえに漏れが多く、読み漏らした箇所が問われている選択肢で迷いに迷い、結局時間切れか勘頼りでバツになる」ということ。つまり、国語で「時間がない時間がない」と焦る生徒は、読むのに時間をかけているからではなく、解くのに時間をかけ過ぎてしまうからです。しかも時間をかけた割に失点する確率が高い。文章が正確に頭に入っていないので(結果的に)勘で解くことになってしまうのでそうなるのは当たり前なのです。「急がば回れ」という言葉があります。国語のできる生徒は実は読むのが遅い、遅いのは丁寧に漏れなく読もうと意識しているからです、ですが、頭の中に文章がまるまる正確に入っていれば選択肢で迷うことはありません。雑な読みをして選択問題で迷う生徒はそこで5分近く費しますが、文章が完璧に頭に入っている子はほんの1~2秒で正しい答えを選べてしまう。そこの差なんですね。
 ここで大事なことをお話しすると、正確に文章を読めない子は語彙が不足しているということです。知らない言葉が文中にあると安心して読めない。不安だらけの中で文章を読み問題を解こうとするから正答が逃げていくのです。
 子どもの語彙不足は親の責任です。日頃から読書する習慣・楽しみを与えてこなかった、親子の会話が足りなかった、、会話の中身が子どもに迎合したものになり過ぎてきた、そのツケが今、顕在化したに過ぎないのです。
 国語の力は家庭の力です。そこをお忘れなく。

※ 国語の成績アップのコツはここでは詳しく紹介できません。詳細につきましては当塾にお問い合わせください。また、「国語ってこんなに成績が上がるもんなんだ」という驚きと感動を実感したい方は来期お問い合わせください

 次回に続きます。


  

国語のお話。④

2017年9月15日

 
※ 前回の四谷組み分けテストで当塾5年生全員成績アップ。偏差値で言えば平均6アップです。よく頑張りました。成績は「正しい方向性での学習」を行えば間違いなく上がりますね。それを継続させることが大事です。
※ (入塾希望のお問い合わせが多い中、誠に恐縮なのですが)以前からのお知らせ通り、今年は夏休み前の段階から既に新規の募集を停止しております。本当に空きがないのです。申し訳ございません。来期のご予約のみ承ります。

 続きです。

 入試科目としての国語に求められるのは「豊かな表現力・感性・多様なものの見方」ではありません。厳正な審査に当たり、このような「人によって感じ方表し方が違うもの」を基準にするわけにはいかないからです。当たり前の話ですね。「算数と同様に国語の答えも一つしかない」これを忘れないでください。
 入試において文学的センスが不要なら、国語のできる生徒できない生徒の差はどこで生まれてくるのでしょうか?
 入試問題には各科目それぞれに出題の意図があります。算数の場合は「理系的閃き」ではなく、「論理的思考」が求められます。国語とは逆に「多様なものの見方」も求められます(国語の場合は多様なものの見方をすると答えが複数になりますが、算数の場合は一つの答えを導くのにそれが有効となります)
 よく「学校でやった勉強なんて大人になったら役に立たないよ」という方もいますが、確かに算数そのものを社会で使う機会はほとんど無いのですが、受験を通して鍛えられた論理的思考・多様なものの見方は大人になっても必要です。必要どころかそれがないと社会で生き残ることができません。淘汰されます。それらの有無で人生が決まってしまうと言っても過言ではないのです。一流中学→高校→大学を経て社会に出た人の成功率が高いのは「頭の鍛え方」が(そうでない方と比べ)まるで違い、柔軟に生きる術や的確な処理能力に長けているからです。(高学歴なのに残念な人もいますが、そういう方は勉強だけができて、その過程で身につけた生き方のノウハウを大人になって応用できなかった人・もしくはその存在自体に気づけなかった人です)
 国語を入試科目にする学校サイドの目的は受験生の「論理思考力」(これは算数と同じ)「注意力」「観察力」「正確さ」「慎重さ」を見ることです。そういう分野に優れた生徒・今後社会で活躍できそうな生徒がほしいのです。「文系的センス」を見たいわけではありません。国語を通して上記の能力を見たいのです。これが「国語の正体」の二つ目。ですので、受験者はそのあたりの意図をくみ取り、それに沿った学習をしていかなければならないのです。それができる生徒は成績を伸ばせる。逆に、国語のできない生徒にはその「当たり前の観点」が抜け落ちているので、たとえがむしゃらに文章題を解いたとしても成績が安定しないのです。
 次回は具体的な学習法に少し触れていきます。
 

国語のお話。③

2017年9月04日

 続きです。
 今年入塾した生徒の中に国語の偏差値を40→63と飛躍的に伸ばした子がいます。直近の8月の模試でも62でしたので、ここ最近60超えが当たり前になりつつあるのですが、何も頭が急に良くなったわけではありません。「国語の正体」がわかったからです。それさえわかれば、その後も安定した点数を稼ぎ続けることができます。逆に何時まで経ってもできない子はこの「国語の正体」を知ろうとしないばかりか、(できないのに)いつまでも自己流に拘り続ける子です。「国語の正体」については授業時に幾度となく繰り返しお話ししています。それを聞くか聞かないかの差なんですね。国語は「講師の言うことに素直に耳を傾け、その通りに実行できる生徒」から伸びていきます。国語に限らず他の科目でも「素直な子」は「能力のある子」を超えて成長していきます。
 ところで、「国語の正体」とは何でしょう?その前に「国語のできる生徒」にどのようなイメージをお持ちですか?昼休みにも図書館に入りびたり、読書感想文を書かせれば表現豊かに自分の感情を的確に文章化できるような・・という感じでしょうか?また、読書感想文では読み手を感動させるような「大人心を巧みにくすぐる術を知っているテクニシャン」が入選したりするものですが、そういうことをさらっとできてしまう子も「国語のできる子」と評されることがあります。
 さて、小学校の授業は国語の時間が「感想発表会」化することがあります。例えば「桃太郎」を授業で扱った場合、悪い鬼を退治しに行く桃太郎の正当性を主張する生徒がいる一方、いわれなき理由で退治される鬼に同情する声も出たり、鬼にだって鬼ならではの生活があるんだ、と息巻く声もあったり、その度に先生は誰かの発言を真っ向から否定したり遮ったりすることなく、「そうだね」「そういう見方もあるね」と皆の考えを肯定する立場を取ります。つまり皆が正解者。さまざまな意見が出てそれで盛り上がってこそ国語の授業・・と、先生も生徒もそれで満足してしまっていることが多い。
 このように読書感想文にしても感想発表会にしても答えは一つとは限らない。人の想いは十人十色なので、それでもOKなのです。「学校の国語」はそれでよいことになっています。むしろ意見の多様性に重きを置く傾向が強い。しかし、全てが「正解」となってしまうような科目が、1点差で合否が決まる厳正であるべき中学入試の試験科目に採用されていいものなのか?不思議だな?という疑問を持つなら、国語は算数同様「答えは一つしかない科目なのではないか?」と考えるべきなのです。実際そうなのですから。しかし未だに「国語の答えは一つではないから・・」などと言っている人もいますね。そんな方は永遠に「受験国語が何たるものか?」がわからず終わってしまいます。
 さて、「国語の正体」の一つ目ですが、それは入試の国語は学校の国語と対極の位置にある、ということです。ですから「学校での国語の成績がが良い子=入試の国語で点が取れる子」とは限らない。国語の答えは一つ、だとしたらその一つの答えを得るにはどうすべきなのか?を考えられる子が入試の国語で高得点を挙げられるのです。言葉は悪いのですが「学校の国語」に入り込めば込むほど入試の国語ができなくなる。同じ国語であっても、学校のそれと受験科目としてのそれとでは「学習する目的」が違うのかもしれません。
 豊かな感情・情緒・多様な物の見方・想像力。これらに頼り解答を得ようとする発想が国語の足を引っ張ります。国語は主観抜きで読み考えなければ正答を得られないのです。読解の際、湧き上がってくるこれら感情をどれだけ抑え込めるか、その自制心と冷静な対処が国語の成績浮上の鍵となります。
 次回に続きます。


国語のお話。②

2017年8月29日

 続きです。

 「どのような勉強をしたらよいのかわからない」「やってもやっても成果が出ない」と、言われるのが国語です。これは特に国語の文章題の話ですね。漢字や言葉の知識の問題は学習量と結果が大体比例しますので、「文章題で得点できない」と諦めている生徒さんは「せめて漢字・語句で」ということでそちらの学習に心血を注ごうとします。ですから国語の勉強=漢字を覚えること、と考えてしまう方も多いでしょうし、実際そうなっている方は多いと思います。ですが、その勉強一辺倒ですと結果的に「文章題から逃げる」「本気で文章題を克服する機会を失う」ことにもなりかねません。「国語の出来不出来=文章題での得点率」という現実を考えれば「正しい文章題の学習法」を即刻身に付けなければならないと思うのです。ですが、御家庭で一人悶々と文章題に取り組んでいても「正しい解き方」が身に付くというものではない。自己流ですと却って「正しい学習法」の真逆のことをやってしまう可能性もある。国語だけは「国語のできる他者の力」を借りるのが最も効率の良い学習になると思うのです。
 次回からはより詳しくそのあたりのお話をしていきたいと思います。

特記 夏期講習の空き状況。

2017年8月24日

当塾生の大半の方は江東区民ですが、その江東区の小学校は25日(金)より2学期が始まります。
よって、28日~31日は比較的空きが出やすい状況となっています。(ただし夕方以降はすでに満席です)
スポットでの授業が必要な方はご連絡ください。
ただし、TELにてのお問い合わせに限らせていただきます。(先着順)

国語のお話。

2017年8月17日

 新テーマのスタートです。
 夏期講習のトータル10時間授業が毎日のように続きますと、なかなかブログを更新する時間を持てないのですが、夜中を使っての久しぶりの投稿となりました。
 さて、当塾の夏期講習は算数が中心です。これは私がそうしたいからそうしている、というより、皆さんのご希望がそうなのであり、やはり夏の学習は算数に重きを置きたいということなのだと思います。算数は配点が高く入試の要である、算数の出来で入試が決まるといっても過言ではありませんからね。仕方のないことです。次は苦手にしている生徒が多い理科、その次は社会の順となるのですが、では国語は?というと一番後回しになるのが通例です。たとえ国語が苦手教科であったとしても・・皆さんそうなさいます。「国語はすぐに成果が出ない」「国語の重要性は理解しているが、夏は即効性のある他の科目から手をつけ効果的に成績を伸ばしていきたい」という御意向があるからではないでしょうか?私もそれは理解していますが、「国語大好き人間」の私には、ちと寂しいことではあります。
 私は雑誌の取材をお受けする機会が多いのですが「入試に受かる子は算数のできる子、落ちる子は国語のできない子」という言い方を各方面でよくさせていただいています。国語は算数と同じく配点が高く、入試の要であり、その出来不出来で合否が左右される点で軽視すべき科目ではない、という意味を込めてそう申し上げているのですが、その国語の勉強法を皆さん本当に正しく理解されているのか?「読書をしろ」「登場人物の気持ちになって考えろ」「行間を読め」「文章の大事なところに線を引け」など、却って国語力の足を引っ張りかねないようなこれら「指導法」を真に受けてしまっているのではないか?と心配になってしまうのです。
 次回は久しぶりに国語のお話をさせていただきます。
 
 

豊洲事務所外観
トップページ 当社の理念 無料体験授業 入会手続き及び
入会金・指導料金
指導スケジュール 人材募集